妊娠線が消える?!妊娠線を消すための対策方法3選

妊娠線は一度できてしまうと消えることがないと言われていますが、あきらめてはいけません。最近ではさまざまなことが進化しているので妊娠線対策にとても効果のあるクリームやオイルなども昔よりも断然増えています。妊娠線についての疑問はいくつかあると思います。第一に妊娠線は消えるのか、妊娠線が消えるのならばどのようなケアをしていけばよいのか、ケアをするならば何をつかっていけばよいのかと気になることは出てきます。ここでは妊娠線の対策方法について考えていきます。

 

妊娠線は消える?それとも消えないもの?

妊娠が消えるということはないのでしょうか。妊娠線ができてしまって産後に妊娠線を消そうとしてもなかなか消えるものではありません。妊娠線はどれだけ気をつけていてもできてしまうものです。妊娠線は消えるという期待を持っていてもよいのでしょうか。妊娠線を消す方法があるとしたらどのような方法なのでしょう。

 

妊娠線には種類がある

妊娠線は2種類に分類されます。難しいことではなくて「新妊娠線」と「旧妊娠線」の2種類です。一般的な妊娠線は新妊娠線です。妊娠線は妊娠でお腹が大きくなっていくことに皮下組織が耐えられずに亀裂ができでしまう跡になる症状です。妊娠線ができたばかりの頃は、毛細血管があるので赤く見えます。旧妊娠線は産後に妊娠線が銀色のようになって見える跡のことをいます。妊娠線の症状は妊娠だけではなくて急激な体重増加でも起こります。お腹だけではなくて太ももなどにもできます。

 

妊娠線を消す方法3選

妊娠が消えるようにしていく方法はいくつかあります。しかし、それをしたことで完全に必ず妊娠線が消えるとは断言できません。妊娠線を消す方法を紹介していきます。

 

手術で妊娠線が消える

手術をすることで妊娠線を消していくという方法があります。方法としては2つあります。レーザー治療と切開する方法です。レーザー治療はメスを使うことなくできる治療なので美容外科などで妊娠線を消そうとしている人には人気の治療法です。レーザー治療はレーザーを当てることによって皮下組織の再生をさせて妊娠線が消えるというものです。この治療で綺麗に妊娠線が消えるのかといったらそうではありません。妊娠線を目立たなくさせたいくことができるのです。この治療は新妊娠線ではなくて旧妊娠線に対して行うものです。切開する手術は妊娠線ができている部分を切開して縫合して細い傷に変えるというものです。これも妊娠線が消えるというものではないです。

 

ダーマローラー

ダーマローラーというのは細い針の刺さっているローラーを妊娠線のある部分に転がして、肌の治癒力によって肌を改善させていくというものです。ニキビあとなどでも行われる施述です。

 

妊娠線専用のボディークリームを使う

妊娠線に効果のある専用のクリームなどをしてケアをしていきましょう。妊娠線の対策は妊娠中だけでもなくて産後に行っていくことでも効果が発揮されます。妊娠線が消えるために必要な有効成分が配合されているクリームを選んでいきましょう。そしてクリームでの対策をする場合は一時的にではなくて継続して塗り続けていく必要があります。ボディークリームは妊娠線が消える効果だけではなくて肌の引き締め効果もあるのでおすすめです。

 

妊娠線が消える方法は結局あるの?

手術や施述をしても妊娠線が消えるということは確実にはいいきれません。効果は高いのですが、費用も高いし、肌に手を加えるというのは不安もあることだと思います。なので手軽でおすすめな妊娠線のケア方法はクリームを使っていくことです。妊娠線が消えるとはいいきれませんし、消えないこともあると思いますが、何もしないよりかは確実に効果はあるはずです。